「ナレッジャーという仕事」

多様性を認める時代になり、共により多くの情報や活用が必要な中、
業種業界にとらわれない発想と具現化が重要となってきています。
お客様と共に時代の要望を感じとり、モディファイする事で進化を続け、
仕組みや製品を世の中に送り出し貢献する事が私たちの使命であり、仕事です。

Hal-Share ハルシェ

ハルシェ(Hal-Share)は、体に貼るだけで体温を連続して計測し、クラウド上で管理できる「シート型体温変位計」です。貼っている期間中は常にエビデンス(記録)が取れるため、計測に人手や手間を要することなく、簡単・確実に体温をチェックすることができます。職場や学校、イベントなど、大人数が集まる場所での体温測定に最適なのはもちろん、日々の健康管理にも「使える」、大変有効なツールです。

体温の変動を連続して記録できる
簡単・安全な健康管理ツール

 体調の異変をあらわすサインとして、「発熱」はもっともわかりやすい指標です。特に風邪や感染症に罹患した場合は、高い確率で発熱が見られます。そのためCOVID-19の感染が拡大する現在は、病院の受診時や大勢の人が集まる場において、体温を測定することが常識となっています。
 しかし、問題なのは、体温は1日のうちでも常に変化しているということです。一般に深夜から早朝にかけてが一番低く、徐々に上昇し、夕方にもっとも上がるとされていますが、食事後や運動後、入浴後は上がる傾向にあり、そのほかにも女性の生理周期や感情の変化などさまざまな影響によって上下します。
 それゆえ、正しく体温を測定し、体の異変を察知するには、「連続して体温を測る」ことが理想なのですが、一般の体温計ではその瞬間の体温しか把握できず、異変を見逃すことにもつながっています。また、極端な発熱だけが認知されるため、微熱や低体温状態が軽視されていることも問題です。

 こうした諸問題を解決する画期的なツールが、ハルシェです。人体に貼り付けることで連続計測が可能となり、計測されたデータはAIが判断し結果を専用アプリ経由でクラウドにて管理できます。貼り付ける期間は、1日〜数ヶ月まで自由に選べ、その間は計測者と管理者の双方で情報を共有することができます。また、多くの人をひとまとめに検温する通常の方法では、集団クラスターを生む恐れがありましたが、「非接触型」のハルシェにはその心配はありません。

 事前に体温を継続してトラッキングすることで、COVID-19をはじめとした感染症の初期症状を判別し、他者への感染リスクが少ない間にユーザーや管理者に知らせる仕組みを構築できるように、現在鋭意取り組みを進めています。

BUSINESS

  • <ソリューション事業>
    • 商品開発
    • 営業開発
    • 新規事業開発
    • 販売促進・広告宣伝関連
    • SCMの構築
    • アクセス解析及びデータサイエンティスト
  • <コンサルティング事業>
    • 営業力強化
    • 業務改善
    • 生産性向上
    • マーケティングリサーチ
  • <プロキュアメント事業>
    • 資材調達及び開発
    • 購買代理
  • <ネット通販事業>
    • インターネット受発注システムの運営
    • 代金決済システムの運営
    • 物流システムの提案

COMPANY

独自ビジネスを構築する事で
社会貢献性が高い
ハイパフォーマンスな
事業を創出する
  • INOVATION 大きな成果という変革
  • EMOTION 感動を大切に
  • MOTIVATION 人々を動機付け
  • INTEGRATION 周辺環境を統合
  • INCUBATION 孵化・育成を手助け
設 立
平成16年12月21日
事業内容
ナレッジコンサルタント
代表取締役
千田 泰史
資本金
3,000万円
Web
www.sunwise.co.jp

ACCESS

OSAKA
〒541-0041 大阪市中央区北浜2-3-10 大阪松田ビル4階
※北浜駅(京阪本線、大阪メトロ堺筋線)2番出口スグ
電話番号 06(6233)6222
FAX番号 06(6233)6221
TOKYO
〒105-0012 東京都港区芝大門1-4-10大蔵ビルディング5階
※都営浅草線大門駅、4番出口を左、一つ目の角のビル
電話番号 03(6430)6660
FAX番号 03(6430)6662